本文へジャンプ
ホーム > 商品詳細

商品詳細

じゃがいも 種イモ

各種じゃがいもの種イモをご用意しております。

お好みの品種、数量で販売致します。

 

a03_054 

様々な品種がありますが、よく出回っているのは男爵とメークインです。

 

男爵

丸くてごつごつした男爵はでんぷん質が多く、ほくほくとした粉質が特徴です。

粉ふきいもや、つぶして使うポテトサラダやコロッケに向いています。

 

メークイン2

細長くつるっとしたメークインは大正時代に英国から導入された品種です。

煮崩れしにくいので、煮込むシチューやカレー、煮物料理などに向いています。

 

 

栽培のポイント

 

土壌

栽培する土質はあまり選びません。

しかし、適度に乾いたミネラル分が多い赤土を好みます。

また、日当たりと水はけのよい土地が適地です。

秋野菜の収穫後の畑では、年内に10㎡あたり完熟たい肥10~20kgを全面に散布し、深く耕して冬の間土壌を風化させておくのがおススメです。

また、直前に未熟対比を使用すると、腐敗や品質低下につながるので避けて下さい。

 

作付

じゃがいもは、トマト、ナス、ピーマンなどと同じナス科の野菜で、連作を嫌います。

3~4年の輪作となるように作付して下さい。

 

温度

生育適温は品種にもよりますが、15~20℃のやや冷涼な気候を好みます。

5~6℃で発芽が始まり、昼間20℃、夜間12℃くらいに昼夜温差によって大きくなり、20℃以上の高温になると肥大しにくくなります。

発芽時は晩霜の被害を受けやすいので地域の晩霜時期を踏まえて植えつけて下さい。

 

種イモの切り方

種イモは40g程度のサイズで植えつけます。

100g未満の種イモは2つに切り、それ以上のものは3~4つに切ります。切るときは種イモの発芽とその後の生育ができるだけそろうように頂芽に次ぐ良い芽がどの切片にも均等に入るように注意しながら縦切りして下さい。

切った後切り口を乾かすため、植え付けの1週間前には準備をして下さい。